審査に通りやすいカードローン

カードローンを契約するには、まずはじめにカードローン会社の審査を通過しなくてはなりません。カードローンを契約したい!そんな方のためにカードローンの審査対策をお教えします。私はショッピングが大好きで、休みの日には服や靴、鞄などを大量に毎週買っていました。以前はクレジットカードを使って買い物をしていたのですが、クレジットカードでは現金を手元で使わないため出費している実感があまりないのでついつい使いすぎてしまってました。

その為、貯金もろくにできずにお給料日の前はいつも生活が苦しくて両親からお金を借りることもありました。このままでは行けないと思って、買い物をする時はクレジットカードの代わりにカードローンを使ってみることにしました。カードローンであれば現金をATMで引き出す必要があるので、クレジットカードと違ってお金を使うとに現実感があって買い物をする際に一旦冷静に考えるようになりました。

また、自分のお金ではなく返済が必要なローンだということもあり、以前に比べて慎重に買い物をするようになりました。このお陰で今では無駄遣いがかなり減ってきて、少しですが貯金もできるようになりました。私のように無駄遣いに悩んでいる方はカードローンを利用することをおすすめします!

結婚して子供も大きくなってきたのでそろそろマイホームが欲しいと思っていたのですが、一つ悩みがありました。

私は昔からバイクが趣味で独身時代は給料のほとんどをバイクの改造につぎ込んでおり、以前カードローンを組んでいた時期もありました。このことが影響して住宅ローンの審査が通らなくなってしまうのではと不安に思って妻に以前カードローンを組んでいたことを告白した所、もしかしたら住宅ローンに影響するかもしれないけれど、悩んでいるだけでは仕方ないのでとりあえず住宅ローンの申請してみようということになりました。

正直とても不安でしたが、その心配は杞憂に終わり無事に住宅ローンを組むことができました。【事業資金 借入】ナビで調べてみたら、現在進行形でカードローンを利用している場合や過去に延納や滞納があるという場合は審査に影響があるみたいなのですが、現在のカードローンの利用はなく、当時のカードローンの返済はきちんと完済しており、延納などはしていなかったので住宅ローンの審査に全く影響はしないそうです。

なので、現在カードローンを使っているという方も今後のために延納や滞納は絶対しないようにした方が良いですよ。