ゴリラの弱点を教えましょう

ゴリラは握力が500キロを超える怪力自慢です。身長は180cmほどで、体重も180キロほどです。そんな屈強なゴリラですが、実は意外な弱点があるのです。
まず、ゴリラは基本的には群れをなして生活をする動物です。ゴリラは一人で行動できそうですが、実は意外とそうではないのです。オス1頭に対して複数のメスが群れていたり、複数のオスとメス入り混じった群れなどがあります。また、ゴリラの群れ同士で縄張りを意識しあっています。
こんなに強そうなゴリラですが、実はメンタルが弱いのです。人間と同じように、ゴリラは哺乳類の中でも知能が高いです。そのため、他の動物と比べて警戒心も強いため、いろいろなことでストレスを感じます。ストレスが原因でゲリになったり、心臓の負担が大きくなって死亡するケースもあります。
動物園の檻の中に入れられているゴリラも、見られていることで相当なストレスを受けています。そのため、檻の中にはゴリラのストレス解消となる様々な遊び道具や食べ物がおいてあるのです。
ゴリラの住処にりんごを隠し、それを探す事に意識を集中させることにより、観客から見られている事へのストレスを減らそうとする動物園もあるようです。