わたくしの人生におけるモテ期

わたくしの人生でのモテ期は、スキューバダイビングの非常勤インストラクターをしていた時期です。
現在中高年の妻帯者ですので、過去はもちろん、この先の未来においても、人生最大のモテ期だったと思います。
スキューバダイビングは、ライセンス講習はもちろんですが、ライセンスを取得された後も個人でダイビングすることはかなり困難です。
日本では一般的にダイビングポイントにあるダイビングサービスやダイビングショップのダイビングツアーを利用して、インストラクターやガイドと一緒にダイビングすることが大多数です。
初心者の頃は、その方の身体能力やご経験などにもよりますが、多かれ少なかれインストラクターやガイドに頼らなければならない状況にあります。
そんな中で、当たり前ですがプロのスキルで講習したり、ファンダイビングでポイントをガイドしたり、変化する海洋状況に対応したり、お客様をサポートしたりします。
全てではありませんが、男女問わず、憧れの対象にはなりやすいと思います。
そんな特殊な環境でしたので、一部の女性のお客様から好意、恋愛について感情を抱いていただきました。
当時、わたくし自身は平日はサラリーマン生活をし、週末はスキューバダイビングの仕事をしてました。
海が大好きでダイビングそのものも仕事ではありますが楽しく、プロとしてのスキルアップ、向上心も本業と変わりなくもっていました。
交際している女性もなく、恋愛そのものにあまり積極的ではありませんでした。
ただし、いつ何があっても良いように、ボディセンスといういわゆるモテ香水はつけていましたが。笑
>>ボディセンスの効果を検証した記事はこちら
学生時代は彼女を作るのに苦労しましたが、あの頃のような恋愛に対するモチベーションはありませんでした。
そんな時が人生最大のモテ期でした。
結果的に現在の妻は当時出会った女性です。